どんな物質なの

服用

健康志向が高まる中で注目されているのが、エクオールと呼ばれる成分です。これは、大豆製品などに含まれるイソフラボンから、腸内細菌によって作られる、女性ホルモン(エストロゲン)に類似した作用を示す物質のことです。昔から日本人の食生活に馴染み、健康食材として親しまれてきた大豆。大豆には女性ホルモンと似た物質が含まれていることから、女性の元気や若々しさを保つ健康食品として注目されていました。最近の研究で、その働きのもとになっている成分がエクオールであることが分かり、一躍脚光を浴びたのです。医学関連の学会などでは、この物質を長期間服用することで更年期症状などの改善効果が期待できるという発表がなされました。発表当日には多くの関係者が詰めかけたということで、エクオールへの関心の高さが示されています。また、マスコミでも取り上げる機会が多くなっていて、認知度も少しずつ上がってきました。

自分で作れない人はどうしたら良いの

女性

マスコミやインターネットの情報などで少しずつ認知度が上がってきているエクオール。ドラッグストアなどではサプリメントが販売されていて、実際に購入した人も少ないでしょう。ところで、この物質は大豆に含まれるイソフラボンがもとになり、腸内細菌と反応することで生成されます。ところが、誰もが体内でこの物質を作れるわけではありません。人間の大腸には様々な腸内細菌が存在しています。その中には、大豆イソフラボンをエクオールに変換してくれる腸内細菌があり、その産生菌が活動していることが大きなポイントになります。エクオールが作れない人は、体内で産生菌が活動していないのです。産生菌は約15種類いることが分かっていますが、今後の研究で新たな産生菌が見つかる可能性があります。日本や中国など大豆製品を良く食べる国では、この物質を作れる人は約50%ほどいるといわれています。一方で大豆食が習慣化されていない欧米諸国では、約20~30%程度とあまり高くありません。エクオールを作れるかどうかは尿検査で確認することができ、インターネットなどを通じて簡易キットを購入することが可能です。もしエクオールが作れないと分かれば、サプリメントなどを活用する必要があります。また産生菌にしっかり活動してもらうためには、大豆食品を毎日摂ることが肝心です。ある調査によれば、大豆を食べる頻度で産生能に差が出たという報告もあるようです。大豆イソフラボンは摂取しても1~2日もすれば排出されてしまうため、継続して摂取することが肝心です。

広告募集中